A工事、B工事、C工事とは?

A工事、B工事、C工事とは

A工事、B工事、C工事について、皆さんご存知でしょうか。

これらは、事業用の物件を借りる際に必要な知識になりますので、ご説明していきたいと思います。

まず、それぞれの内容についてご説明いたします。

 

A工事:ビル本体の工事でオーナーの工事負担でオーナーが施工する工事

     共用の施設・共用通路、標準的な設備

       所有権はオーナー。設計、施工はオーナー側の業者

 

B工事:テナントの要望によりオーナーが行う工事。工事費はテナント負担

     例:分電盤、給排水、防水、厨房給排気、防災、空調設備等

     所有権はオーナー。設計、施工はオーナー側の業者

 

C工事:テナントがビルオーナー承認のもとに施工する工事

     例:内装、什器備品、照明器具、電話工事等

     所有権はテナント。設計、施工はテナント側の業者

 

表

それぞれの工事でどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

 

まずは、A工事についてご説明します。

 

A工事は、オーナー側が行う工事なので、テナント側が直接かかわることは少ない工事です。

しかし、物件を利用していて共用部で気になる部分があれば、

すぐに申し出をし、工事してもらいましょう。

また、専有部分に関してもオーナーが認めればA工事になる場合もあります。

次に、B工事についてです。

 

専有部分で備え付けられている設備でも、ビル全体に関わりがあると判断されると、C工事ではなく、B工事になることが多いです。

その部分を工事することにより、ビル全体の安全に関わるとなれば、オーナー側が責任を以て工事をすることになるからです。

B工事は、オーナー側が業者を手配しますが、費用はテナント負担であるため、テナントが直接業者に掛け合って費用交渉することができません。

そのため、そのまま受けてしまうと通常よりも高い工事費用が掛かってしまうこともあります。

このことから、B工事は一番トラブルが多い工事といわれています。

 

対策として、以下2点挙げられます。

①費用を安くできないか、オーナーに掛け合ってみる

②C工事を発注する業者に見積もりを出してもらい、交渉する

 

何も確認せずに承諾してしまうと損してしまうことがありますので、気を付けましょう。

最後にC工事についてです。

 

C工事は、業者をテナント側で選べるため、複数の業者で相見積を取って金額を比較することができます。

そのため、工事費用をできるだけ安く抑えることができます。

C工事の割り当てが多くなると、その分費用を抑えることができます。

 

あまり費用をかけたくない方は、C工事が多いかどうかも物件選びのポイントになりますね!

おまけ:工事のコストがかかる原因とその対策

①経験のあまりない業者に依頼する

 経験のない業者に依頼してしまうと、合理的な人員配置ができなかったり、

 材料の無駄が生じてしまう可能性があります。

 →工事内容に沿った内容を取り扱っており、尚且つ経験豊富な専門業者へお願いするのがよいでしょう。

 

②工事規模と施工会社の管理能力が合わない

 施工会社の管理能力を越える規模の工事となると、下請けなどの外注が増え、

 余分な管理コストがかかってしまいます。

 →業者の過去実績を参考にし、依頼する規模に余裕を持って管理できる業者を選びましょう。

 

③工期に余裕がない

 準備期間が短いと調達コストが加算されます。段取りと呼ばれる事前準備が不可欠なのです。

 →日ごろから余裕を持って、見積書を獲得することが大切です。

 

④見積書のみに目を通してしまう

 見積書に書かれていない情報もあります。

 →提案資料にも目を通しましょう。そのほかの提案も勘案すると割安な金額になる場合もります。

 

⑤図面内容の変更を容易に行う

 基本設計の段階であれば融通が効くこともありますが、実施設計段階での変更は確実にコストが上がりま

 す。図面上の少しの変更でも、その部分に関係する複数の業者の作業がすべてやり直しとなってしまう

 ためです。予定完成日が近くなるほど、直しの度合いが大きくなるので気を付けましょう。

 →図面の変更がないよう、工事が始まる前までにしっかりと確認しましょう。

まとめ

A工事、B工事、C工事の知識は、物件を選ぶ際もご入居された後も必要になります。

また、こちらで気を付ければ、抑えられる工事のコストについてもご説明いたしました。

皆様の物件選びの際や、工事発注の際にお役に立てれば幸いです。